ACTION

2017/11/16

ひさしぶりに会う人が皆、あいさつ代わりに「太った?」とおっしゃる。

念押しの意味をこめて「太った『ね』?」とご指摘くださる方も。

余計なお世話だなと思いつつも、ありがたいことです。

たしかに今の僕は「大衆くん」みたいな顔(峰なゆか『アラサーちゃん』参照)を

して、ぽてぽてと生活している。

深刻な運動不足である。

というわけで、一昨日からラジオ体操を再開した。

正確に言えば、テレビ体操なんだが。

 

NHKテレビ・ラジオ体操

https://pid.nhk.or.jp/event/taisou/taisou.html

 

6:25-6:35の10分間、Eテレの前で奇妙なポーズを取り続けています。

インストラクターが皆「いい顔」をしているのだ。必見。

レオタードの色彩なんて、めまいがするほどフローラルですよ。

ピアノの生演奏もキャラが立っていて秀逸なんである。

 

ツッコミどころの多い番組ではあるが、この体操、実によくできている。

体操界の有識者たちが練りに練った結果、生まれたんだろうなぁ。

無駄な動きがひとつもない。

あの、ゴリラウホウホ的な屈辱のアクションでさえ、いとおしい。

子供の頃から「やらされている」感じがたまらなくいやだったのだが、

能動的に体を動かすと、たのしくなってくるものだ。

おかげさまで血行がよくなったし、関節の動きが機敏になった気さえする。

これに加えて定期的なウォーキングを採り入れれば完璧だろうな。

 

むかしから、僕が体操する姿をみて笑う人が多い。

決して運動おんちというわけではないが、スポーツでヒーローになれたこと

なんて一度もない。

バレーボールのレシーブで空振りしては笑われ、テニスのサーブでは

マグワイア(懐かしい!)級の場外ホームランを連発して周りが呆れていた。

後輩が二度ほど誘ってくれたフットサルチームにいたっては、僕が抜けたとたん、

大会で優勝したという。

僕にとっての体育とは、切なさの記録である。

 

ラジオ体操、どうせ一週間も続かないと思う。  

でも、せっかく積極的なモードになっているのだから、一瞬の輝きをみせたい。

夢は体操のお手本になることです。

今日も元気に体を伸ばしましょう!

(そして本日土曜日、さっそく寝過ごした。)

 

アラサーちゃん (ダ・ヴィンチブックス)

アラサーちゃん (ダ・ヴィンチブックス)

  • 作者: 峰なゆか
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / メディアファクトリー
  • 発売日: 2012/12/21
  • メディア: Kindle版
  • 購入: 2人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 

 

僕は運動おんち (集英社文庫)

僕は運動おんち (集英社文庫)

  • 作者: 枡野浩一
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/06/26
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 18回
  • この商品を含むブログ (24件) を見る